VDT症候群を解消するメガネ-トリプル銀座 東京

検眼予約FACEBOOKのロゴ

東京都中央区銀座6-4-5 オリエントビル1F

お問い合わせはお気軽にどうぞ
tel:03-5537-2268 mail:ginza@opt3tg.com

VDT症候群でお悩みの方に、疲れにくく、見やすい、目にストレスのかからないメガネをお作りしています。お気軽にお問い合わせ下さい。

tel:03-5537-2268
mail:ginza@opt3tg.com
ショップ情報
特にまぶしさでお悩みの方はこちら

パソコン使用中

VDT症候群(テクノストレス眼症)とは

コンピューターのディスプレーなどの表示機機(Visual Display Terminal=VDT)を使用した作業を長時間続けることにより、目や体、心に障害をおこす病気のことです。パソコン、携帯電話、スマートフォン、スマートパッドの普及等を考えると、現在では、ほとんどの人がVDT症候群予備軍と言えます。

パソコンの使用プロジェクター使用の会議スマートフォンの使用

原因

人工光源を長時間見続けること、まばたきが減ること、長時間同じ姿勢を続けること、緊張の持続等です。

症状

目の疲れ、目の痛み、肩こり、腕・手・指の痛み、腰・背中の痛み等、人それぞれです。 たかが目・手の疲れと考えがちですが、時には頭痛あるいは吐き気を伴い、更に重症のケースでは心不全又、精神的にも障害をまねく事もあります。

新検眼技術"動視力検査法"にてVDT症候群用メガネをお作りいたします

従来の測定法では、VDT症候群に対応できませませんでしたが、 動視力検査法の開発により、問題は飛躍的に改善されています。当店では、動視力検査法で作成するVDT症候群用メガネを、 多数お作り致しております。

どうぞお気軽に当店のVDT専用メガネをお試しください。症状によりご希望に沿えないこともあります。

VDT症候群でお悩みのお客様は、お気軽にお問い合わせ下さい。
tel:03-5537-2268 mail:ginza@opt3tg.com

検眼のご予約はコチラのフォームからどうぞ。

参考資料

厚生労働省が平成10年に実施した「技術革新と労働に関する実態調査に」よれば、VDT作業者のうち、精神的疲労を感じている人が36.3%、身体的疲労を感じている人が77.6%にも上がっているとの結果を発表しました。この調査及び検討会の結果を受け、環境改善の為の新しい「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」策定しました。
詳しくはコチラをご覧下さい。

デザインだけではなく視力検査、かけ心地にもこだわり、最高のメガネをご提供いたします。