目が疲れるお悩みに 見やすいメガネ-トリプル銀座 東京

検眼予約FACEBOOKのロゴ

東京都中央区銀座6-4-5 オリエントビル1F

お問い合わせはお気軽にどうぞ
tel:03-5537-2268 mail:ginza@opt3tg.com

眼鏡で目が疲れるお悩みの方、眼精疲労でお悩みの方に、目が疲れにくいメガネを制作しています。お気軽にお問い合わせ下さい

tel:03-5537-2268
mail:ginza@opt3tg.com
ショップ情報

トリプル銀座内観

現代人の目の悩み

新宿のビル群

30数年前まで活字を読むのは一般的に印刷物が主でしたが、その後の機器の発達で現在はデジタルディスプレーが主流です。大変便利になりましたが、それは同時に目を大変酷使する環境を作り出しています。

VDT症候郡に代表される現代人の目の悩みは多数有ります。

その他の目の見え方の悩み

原因

これらの原因の重要な要素の一つとしてピント調節力と輻輳力が弱い事が考えられます。人がものを見るときピント調節力と輻輳力の連動で対象を認識しますが、どちらか一方でも機能が弱いと視力調整は辛くなります。

調節力 輻輳機能

このピント調節・輻輳力は近距離間、例えばパソコン画面内での視点移動や、手元の書類と他のモニター・パソコン画面の視点移動などでも常に働き、疲労の原因の大きな要素となります。

特に輻輳力が弱い方は、左右其々鮮明に見えていても、両目で見ると左右の視点がずれているために、物が滲んで見え、それを一生懸命見ようとする事で大変疲れます。

この調節力と輻輳力が弱い方は当然昔からいらっしゃいましたが、当時の紙製品の印刷物、手書きの書類を読むという作業では活字が今より大きく、一定のリズムで読み、極端な視点移動も少なく、その影響は今よりはるかに限定的でした。

それに比べ現代は、機器によっては極限まで小さくなった文字を読んだりスクロールなど移動する画面上の文字を読んだり、画面を頻繁に切り替えて読んだり、また複数のデジタル機器の画面を同時に見たりで調節力と輻輳力が弱い方には辛い作業の連続となっています。

現代のメガネ作り

この環境の変化が作り出した現代眼精疲労に対応するメガネ作りが求められています。

従来の検査方法では解決が難しい事が多いです。

過去100年以上使用されてきたCマーク(ランドルト環)に代表される視力表で測定する静止視力検査法(詳しくはコチラ)では、視力の測定は出来ますが上記の様な症状、特に輻輳力を測定する事はできません。右図は5m検査で視力1.0のランドルト氏環

ランドルト環

両眼視測定

視点移動に伴う輻輳力の測定は両眼視測定でいたします。上記の様な現代眼精疲労にお悩みのお客様の視力測定には一般視力測定の他に両眼視測定で斜位量をお測りし、輻輳不全、開散不全(詳しくはコチラ)の有無を測定いたします。必要に応じ不等像視(詳しくはコチラ)などの測定もいたします。

・両眼視機能メガネ

輻輳・開散機能の補正が必要なお客様には、視力調整及び輻輳・開散補正を組み合わせたテストレンズで実際にパソコンや景色などを見ていただきながら、お客様のお悩みや問題が解決されているか、ご要望に合ったメガネの見え方になっているか、細かいチェックをして両眼視機能メガネをお作りいたします。

用語解説

静止視力検査法

1909年、イタリアの国際眼科学会で国際的な標準視標として採用されたランドルト環(Cマーク)に代表される視力表を使用する検査法。視力は1.2や0.3のような数値で表されます。

輻輳不全・開散不全

内斜位の方の開散不全および外斜位の方の輻輳不全はどちらも近距離作業の時、目に大変な負担がかかります。

当店では、目が疲れるお悩みのお客様の目のコンディションを、両眼視測定でお調べし、それぞれの方にとって目が疲れにくく見やすいメガネを、お作りして喜んで頂いております。

見え方の悩み、あるいは目が疲れるとお悩みのお客様は、お気軽にご相談下さい。

※症状によりご希望に沿えないこともあります。

※目が疲れる方用メガネの通信販売はできません。

検眼のご予約はコチラのフォームからどうぞ。

デザインだけではなく視力検査、かけ心地にもこだわり、最高のメガネをご提供いたします。