お客様からの声-メガネ、サングラス店トリプル銀座 東京

検眼予約FACEBOOKのロゴ

東京都中央区銀座6-4-5 オリエントビル1F

お問い合わせはお気軽にどうぞ
tel:03-5537-2268 mail:ginza@opt3tg.com

お客様の声

当店でメガネ、サングラスを作って頂き、見え方、疲れやすさが改善したお客様の感想を掲載しています。

木漏れ日の中でも歩ける嬉しさ

先日メガネをお作りいただいたK様から嬉しいお電話をいただきました。

K様のお悩みは夜など暗くなる場所では極端に見えにくくなるのと、昼間は眩しくて見えにくくなることです。昼も夜も2〜3メートル先までしか見えないため、手押し車で段差を確認しながら、ゆっくりと外出しなければいけませんでした。そして木漏れ日や影日向の明暗がはっきりしているところでは非常に見えにくくなり、歩くこともできなくなることがしばしばあったそうです。しかし、新しいメガネを掛けるとある程度離れたところまで見え、全体的な雰囲気もつかめるために、手押し車なしで1人で外出ができるようになり、木漏れ日の中でも立ち止まらずに歩くことができ、とても嬉しいとのことでした。

また、今までは昼間は眩しさを抑えるためにカラーレンズの入ったメガネを使用していましたが、色が入っていると逆に夜は見えにくくなるために昼用、夜用2つのメガネが必要でした。今回お作りいただいたメガネは、色は入っていませんが眩しさも抑えられるため、メガネを掛け替える煩わしさがなくなり快適だそうです。

こういったお声をいただくと本当に嬉しく、励みになります。

楽しく出歩けるようになりました

T様は、複視という物が2つに見えてしまう状態で、日常生活にも困っていらっしゃいました。例えば外に出歩く時などは人も線も2つに見えてしまうため、そのままでは非常に危なく片目に眼帯をしなければいけませんでした。

当店のメガネでちゃんと見えるのか?ダメ元でいらっしゃったようですが、出来上がったメガネを掛けてみて驚かれました。

アンバレンタインのメガネ着用

ものがちゃんと1つに見え、それ以降は眼帯をせず両目で出歩けるようになりました。お選びいただいたフランス製のメガネは、見た目の評判もよく、出歩くのが楽しくなったということです。

調子が良いので数ヶ月後、お手元用のメガネもお作りいただきました。本の細かい字も楽に見え、また楽しいことが増えそうです。

複視が改善

複視とは物が二重に見えてしまうこと。伊藤様の場合、特に遠くが二重に見えていたようです。当店でお測りしたメガネを最初掛けたときに、「ちゃんと1つに見える。」と非常に喜んで頂きました。

ただ今まで2つに見えていた世界が、1つに見えるようになったため、感覚がまるで違うため、慣れるのに少し時間がかかりました。

Mari Jewellery

もう一度、視力を測定し、モノが1つに見え、今までよりも良い視力が出ていることを確認。必ず慣れるということをご説明し、まず家の中で使用してもらうことにしました。

1週間後、お電話を頂き、「すごく調子が良いくて、もう手放せない。」とのご報告。外で問題なく使えるようになりました。一緒に作って頂いてリーディンググラス(老眼鏡)も同じく調子が良いようでした。そしてさらに1週間後、今までお持ちのメガネも同じ度数にして欲しいということで、ご来店されました。見えるということは若さの秘訣でもありますね。

コンタクト以来の衝撃

Y様は、近視の度数が強く、快適に良く見えるメガネに出会えませんでした。よく見えるように度数を合わせると疲れて掛けられないため、弱めのメガネをご使用だったのです当店で作製したメガネを掛けて頂くと、とても明るく世界が見えることに驚かれ、「コンタクトレンズを初めて使った時以来の衝撃です。」とのお言葉を頂きました。

アンバレンタインのメガネ着用

当店でメガネを作製した直後のカンボジアに旅行にて「アンコールワットが隅々まで見えて本当に良かったです。」と嬉しいお言葉を頂きました。メガネを掛けて疲れる場合、必ず疲れる原因があります。それを取り除けば快適なメガネが製作できます。メガネ屋の腕の見せ所ですね。

昼も夜も視力が出にくい方にも効果が有りました

Yokemura様は、昼も夜も視力が出にくく、少しでも見えやすくなればということでご来店頂きました。実際試行錯誤してメガネをお作りして、効果が出るかどうか不安もあったのですが、メガネをお渡しして1ヶ月後、嬉しいお手紙を頂きした。内容は以下です。

Lucky Star

「薄い黄色のレンズのメガネ、遮光メガネ、トリプルさんのメガネと3つを掛け比べると、見え方の違いを感じます。トリプルさんのメガネは色が入っていないのに昼夜共に快適です。夜のライトや、信号機の色も鮮やかに見えます。メガネを使い分けずに済むようになり、大変嬉しく、愛用させて頂いております。」

その2年後、再度お手紙をいただきました。

「メガネ、毎日愛用させていただいております。屋外では、眩しさを軽減し、コントラストが出るためか、ちょっとした段もわかりやすくなりました。以前は夕方すら見え方がきつかったのですが、メガネをかけると歩道と車道の段も確認できているのに驚きました。また、外から屋内に入ると明るさが戻るまで、かなり時間がかかっていたのも、それが気にならなくなるほど楽になりました。暗めの店内に入った時も、すぐにテーブルの端が見えます。メガネを外してみると、やはり見えないので、とても驚きました。

私の普段の生活には、たくさん危険も伴いますが、私の行動に積極性まで与えてもらっていると思っています。たまにコンサートに、現在見頃の臘梅を見に出かけたり、県外に一人で行くこともあります。ですから、トリプルさんのメガネは無くてはならない強い味方となっています。本当に感謝です。ありがとうございました。」

お月様が1つに見えるようになった

メガネをお渡ししてから1週間後に、調整に来店されたN様に、「メガネの調子どうですか?」とお伺いすると、「このメガネすごいですよ!」との返答が。

FACTORY900 FA-208

遠くに関しては「今まで月が3つくらい見えていたのが、1つに見えるようになりました。」、近くに関しては「メガネを掛けたままでもパソコン画面が明るく見えます。」と嬉しいお言葉を頂きました。今までのメガネは、掛けるとパソコン画面が暗くなるのと、疲れるので、パソコンをするときは裸眼でされていたそうです。新しいメガネは、明るく見やすくて、目の疲れも少なくなったということです。

度数に関しては、前のメガネより近視の度数を左右ともに下げて、乱視度数はそのままで、少しだけ視線のズレの調整をさせて頂きました。近視の度数を上げれば見やすくなるという訳ではありません。少しの度数の設定の仕方で、見え方、疲れにくさは変わるんです。

ピアニストの方にも効果有り

Nakayama様はピアニストでいらっしゃいます。当店にご来店されるまで、目の検査のことにはあまり関心がなかったということでしたが、高機能検眼で、メガネを製作させて頂いたところ「人生が変わりそう!」という嬉しいお言葉を頂きました。どのような違いがあったかというと、今までは、楽譜が部分的にしか見えなかったのですが、譜面全体が一目で見渡せるようになったそうです。

ROBERT MARC 221

「この見え方なら、練習がやりたくなります。」とも。素晴しい。度数は、前のメガネと比べると、右の度数はほぼ同じ、左の度数をかなり調整させて頂きました。「演奏中に、うっかり左手が外れそうになることがあるんですが、それも無くなりそう。」今までは左右のバランスが悪く、両目で見えていなかったのが、しっかり両目で見えるようになりました。それが、これらの効果なんですね。驚きです。

Nakayama様のお言葉をかりれば、「今まで平面的に見えていたのが、このメガネは、すごく立体的に見えます。空気まで違って見える気がします。」「このメガネを掛けると顔の左側が活性化するみたいです。左の耳までよく聞こえる気がします。」ということです。ありがとうございます。両目で見ることができて始めて、本当の意味での立体感を感じることができるんですね。それ以外にも色々な、良い効果があるようです。特に、ピアノの演奏のようなシビアな世界では、すごく違いが出るようです。いつも応援してます!

眩しさを抑えるメガネができました

普段から、昼間の明るい光や、車のヘッドライトの明かり、パソコンのモニターなどの眩しさを感じやすかった斉藤様。当店でお作り頂いたメガネを掛けて陽射しの明るい外に出て頂くと、「普通に上を見れますね。不思議です。」と一言。今までの眼鏡では、目を細めないと上を見れなかったのです。前回のメガネより近視の度は弱くしたのですが、遠くも近くも見やすくなっていることに驚いていらっしゃいました。

Jaques Durand 511HOAPINS

何度も「不思議です。」と首を傾げていらっしゃたのが印象的でした。

PCモニターの眩しさも抑えられて、見やすいということで、安心いたしました。「これまで、フレームのデザインは注目していたのですが、レンズでも違いがあるのですね。」とのことですが、その通りですね。レンズというか、度数の設定の仕方で、変わるんです。単純に見え方というだけでなく、眩しさや疲れにくさが全然違ってきます。目のことについては、科学的にわからないことが沢山あります。毎日"不思議"と戦いながら、時には協調しながらメガネ作りをしています。

不同視による疲れとボヤけが改善

不同視とは、左右の目の度数が大きく違うことです。今回は不同視の特殊なケース。櫛田様の場合、右が乱視、左が遠視。パソコン作業などは、両目でするとボヤけてしまうため、いつも片目で行っていました。本屋さんにお勤めなので、苦労なさっていたと思います。他のメガネ店で、パソコン用メガネを作ったのですが、近くに焦点を合わせてあるため、遠くが見えず、度が強過ぎて疲れる状態でした。

FREUDENHAUS Miller

当店で、お作りしたメガネを掛けて頂いた瞬間「普通に見える。」と驚かれ、続いて「両目で(パソコンを)見ても、ボヤけないし楽!!それに周囲も見える。感動しました!!これだとパソコンだけでなく、普通に掛けられますね。」と嬉しいお言葉を頂きました。"普通に見える"って素晴しいことですね。

見え方、デザインともにご満足頂き、1本目(FREUDENHAUS)のお渡しの時に、2本目(ROBERT MARC)もご注文頂きました。

初めての疲れない両眼視メガネ

A様は、-3.00D(視力0.1~0.2程度)の近視です。目は悪いのですが、度付きのメガネを掛けると疲れてしまうので、あまり使っていないとのことでした。

FACTORY900 FA-070

お持ち込みのフレームで、当店でレンズを交換させていただいたのですが、出来上がったメガネを掛けて頂いた瞬間、「メガネを掛けた方が裸眼より楽!こんなこと初めてです!!目からオモリが取れたみたい。」と嬉しいお言葉を頂きました。

A様の目はもともと左右の目の視線があっておらず、モノが少しダブって見える状態。それを目の筋肉で常に補正するので、疲れてしまうのです。裸眼では0.2程度の視力でぼんやり周りが見えている為、ダブりは気になりません。しかし、メガネを掛けて良く見える状態になると、ダブりが気になりその為に目が疲れます。そのダブりを、両眼視測定により補正したメガネにより、目の負担を少なくした為、非常によく見えて心地よいメガネが出来上がったのです。

調子が良いので、その後FACTORY900 FA-070での製作、ご愛用のサングラスのレンズ交換をご依頼頂きました。出来上がったサングラスを掛けた瞬間も、「えっ!?色が入っているのに掛けた方が明るい。曇っているのに晴れてるみたいです。両眼視、当たり前の事のようですが凄い差ですね。」と、驚きのお言葉を頂戴しました。

高校受験に合格!

先日久しぶりにお見えになったお客様からの嬉しいお話です。中学3年生のU様です。「トリプルさんで作ったメガネで高校受験に受かりました!報告に来ました。」と本当に嬉しい報告で、"メガネ屋はいいな"と改めて感じました。U様は、少し視点が揺れるため教科書が読みにくく、長時間の勉強がお辛いようでした、受験も控え、なんとか視点の揺れを押さえるメガネが出来ればとお作りしました。

蜷川実花さんの写真

フレームは蜷川実花さんがディレクションするキュートだけど大人な雰囲気のLUCKY STARです。お渡しの日、完成したメガネを早速試して戴きました。全く揺れずに安定して教科書が読めると喜んでお帰りになりました。

久しぶりのご来店でしたが、こちらも本当に嬉しくて、"おめでとうございます。"と言う事ができました、本当におめでとうございます。高校生活、思いっきり楽しんで下さいね。

メールでのご報告

このようなメールを頂きました。ありがとうございます。

「新しい眼鏡にも随分と慣れてきて、そのありがたみを実感しています。眼の無理な焦点合わせがなくなったことで上半身が楽になりました。肩こりや眼疲れ以外に、姿勢や表情の点でも涼風のような解放感、リラックスを感じています。また、昔からバドミントンや野球、テニスといった球技全般が大の苦手で、本当にコンプレックスでした。下手さ故に怪我をして、部活をやめた経験は自分を縛り付けるものになっていました。この眼鏡を購入できたことの幸福と、素晴らしい眼鏡に仕上げてくれたことへの感謝とで胸が一杯です。」

メガネ屋冥利に尽きる素晴らしいメールをありがとうございます。励みにしてこれからも頑張ります。

両眼で見ることの大事さ

こちらのお客様は今まで眼科、あるいはメガネ店に何度か相談に行ったのですが、良く見えるメガネを作るのは難しいと言われ、結局メガネを掛けた事が無いとの事でとりあえず両眼視測定をして見ました。右目が遠視と、左目が近視と乱視のミックスでした。

難しい事は難しいのですが視力が出ないと言う程ではないと思いテストをはじめました。左は良く視力が出るのですが、右の視力は出ませんでした。しかし根気よくテストレンズの設定を変えていきますと僅かですが視力が出始めました。どうしても左右の視力差は大きくあるのですが、両目での見え方をテストしていただきました。

お作りしたメガネを掛けて頂いたお客様の第一声は、「わー!よく見える、両目で見ているのが解る、細かい物もものすごく見やすい。すごい!何でこんなに良く見えるの?」と大変喜んで頂きました。

片眼の視力は十分あるので、物の見え方はそんなに問題は無いように思いますが、実は、左右の視力差が有っても両目で見る視覚は、片眼のそれとは随分違うのですね。

夜見にくい症状が改善

お客様がフレームを選んでいる時に、「子供の時から夜盲症で、夜はよく見えないんです。」と言われました。ただその事に関してはそれ以上の会話もなく、私もそれ以上うかがう事も無くいつも通り検眼をしました。高機能検査の結果、視機能に若干の異常がありましたのでテストレンズで矯正結果を試して頂き とても見やすいとご好評で一安心でした。

検眼も一段落したころ、外も大分暗くなってきまして、ふと先程の会話を思い出し、テストレンズでの暗い所での見え方が心配で、外で確認をお願い致しました。暗くなった店外でテストレンズを掛けたり外したりしていたお客様が、「不思議、見える!今まで夜はメガネをしても見えなかったのに、これ掛けると見える!どうして!?今迄ずっと見えなかったのに??」と、とても驚かれました。

高機能検査で夜盲症のような状態も改善できることがあります。こちらのお客様が先日、店に遊びにこられて「今はこのメガネが離せません。」と喜んでおられたので、とても嬉しく思いました。

高機能パソコン用メガネ

今日、数ヶ月前にメガネを作られたお客様が久しぶりにご来店しました。パソコン用にメガネを作ったのですが、見やすいので外出時も掛けているそうです。「非常に楽で疲れないので、一日中かけています。一緒に作った彼も、もう離せないと言っています。」と嬉しいご報告を頂きました。

実はお2人とも今回のメガネを作るまでは、全くメガネを掛けた事がなく、掛けなくても遠くは良く見えるのですが、メガネを掛けた方が疲れず快適だそうです。お2人にお造りしたメガネは、高機能パソコン用メガネですが、同時に遠くもクリアに見える様に設定した事で、使える幅が広がり良かったです。

デザインだけではなく視力検査、かけ心地にもこだわり、最高のメガネをご提供いたします。